2月3日(月)
この日は子どもたちが心待ち・・・にしていない
「節分・豆まき」でした。

思い思いに作った鬼のお面をつけ元気に豆まきの歌を合唱。
「鬼は外~ 福はうち~♪」
なぜかこばとでは全員、鬼のお面なのです(笑)

すると、突然現れる毎年おなじみの「黒鬼」!!

「ぎゃ~っ!!鬼だ~!!」
逃げ惑う子どもたち。

年長さんともなると薄々は鬼の正体は分かっているものの、やはり怖い!!

さあ、ここでみんなの勇気が試される。
「鬼打ち豆」で鬼を退治だ!!
(今年も「鬼はいったい何匹いるんですか?」と聞かれるほど大量のま豆を用意)

ひぃぃぃぃ! ほんとに豆、痛い(鬼)

追い出されたと思いきや、黒鬼はあかぐみさんのお部屋へ。
あかぐみさんが「おあつまり」をしていると・・・
コンコンと窓をたたく音・・・
ニョキ!!

「うわぁ!! 鬼だ!! お行儀悪く窓から入ってきた~!」

怖いよ~・・・

「ん? なになに??」
「鬼さん、いい子にします」

「本当に鬼は出ていったかなぁ・・・」

とぼとぼ・・・
(また今年もお肌が荒れちゃった・・・)

かくして黒鬼を見事に追い出し「春」を迎えることができました。

もちろん今日のおやつは「恵方巻」です。
「西南西やや右」という、
もはやどこだか分からない恵方を向いて、おしゃべりしないでいただきます。